萌え木もゆ

moegimoyou.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:つぶつぶお菓子( 4 )

バラが見たい人はどうぞ。そして、甘酒アイス。



うまく撮れてるわけでもないですが、

バラの写真です。

バラが好きなんです。


b0249815_00320472.jpg
b0249815_00323433.jpg
b0249815_00331461.jpg
岐阜の花フェスタのバラ園です。

もう何ヶ月か前です。

バラが好きです、でも、見るだけです。

育てるのは大変そう。

だから、季節になったら眺めに行くのです。

バラ園の中にあったターシャの家(庭)、もうちょっと見たかったー。


一年中バラが眺められたらいいのに。

でも、見るだけです。

だって、とげが刺さると痛いから。

不精だから。


b0249815_00381014.jpg
横向きでしょ!
向きを直せません。

ブログのちゃんとした使い方が分かっていません。



b0249815_01154570.jpg
織部の器が好きです。
でもね、釉薬が気にもなるんですよ。だからあんまり持ってません。


また最近、甘酒アイス熱が出て参りました。

写真は違います(バジルのアイスだったかな)が、今日はパイナップル入りを子どもと作りました。

パイナップルなどの果汁が多い果物を使うと、シャーベットっぽさが増します。
そいつを解消するには、ソフトクリームみたいに柔らかい状態まで待ちます。

つぶつぶの甘酒アイスは練りごまが入ります。つぶつぶ甘酒アイスはもちろんおいしいのだけど、レシピ通りに作ると、どうしても練りごまが勝ってしまう感じで。

そういうわけで、萌え木の甘酒アイスは練りごまは使いません。もし使っても少量です。


つぶつぶ、マクロビオティック、ローフード…それぞれの理論もあるけど、そういうの関係なしに、おいしいなと思うものを選択したい。

日本人だから、日本人に合った食べ物を。

そして、今の時代につまらなくないものを。

豊かな食卓を目指したいですね。







[PR]
by moegi-moyu | 2014-08-22 01:45 | つぶつぶお菓子

もちあわキビりんご。リンゴがあれば作ります。

今日は雨です。

今日のおやつはまたしてももちあわりんご。そして、もちあわを切らすという誤算があったので、
もちきびを加えました。

りんごはカットして火を通すので、りんごしおれてきちゃったなーというときも、
十分活用できます。これは、りんごに火を通すお菓子なら何でもそうかもしれないけど(笑)

リンゴで、かなりしおれた皮がしわついたやつがいたので、これを利用しました。

材料さえあれば簡単に作れるので、重宝するおやつです。小さい子も食べられます。
アレルギーのある子も一緒に食べられる一品だと思います。

これならどんどん食べてもイライラしない〜。半分穀物ですから。
しかも、微量栄養素も摂取できてしまいますから。

もちあわとりんご、塩、リンゴジュースを鍋で混ぜて炊くだけです。
雑穀の炊き方さえ知ってしまえば、簡単です。(レシピby『雑穀つぶつぶスイート』)

料理教室では、雑穀の炊き方からお教えしますよ。

                  野菜と雑穀の料理教室 萌え木
[PR]
by moegi-moyu | 2014-01-30 11:19 | つぶつぶお菓子

時期外れの型抜きクッキー

b0249815_22151334.jpg時々クッキーが食べたくなります。
小麦粉マジックにかかっている…。

国産小麦・菜種油・米あめ・自然塩。
生地のベースはこれで、その時々でアレンジを加えることもあります。
甘酒、ごまペースト、米粉など。

これにナッツやドライフルーツなどを足して、いろんなクッキーにします。

初めてベジお菓子できちんと人に食べてもらった
(友達や知り合いではなく)のが、クッキーでした。
あれが私の転機だったと思います。

甘い市販のお菓子に慣れていると物足りない方もいるかと思います。
人それぞれの好みがありますね。
[PR]
by moegi-moyu | 2012-03-13 22:40 | つぶつぶお菓子

ヌガー

今まで何度作っているか分からない、ヌガー。


b0249815_1217202.jpgナッツと
レーズン入り。
素朴な見た目だけど、
一度食べると
どんどん手が
伸びてしまう。



今回はヒエ粉で作りました。米飴、ヒエ粉、ナッツ、レーズン、自然塩。
その時々で、粉はきなこやはったい粉に変更です。

参考本は『つぶつぶ雑穀ミラクルスイーツ』。

自然塩、油、甘酒、ドライフルーツ、ナッツ、ゴマペースト、ピーナッツペーストを上手に使って、雑穀や雑穀粉はもちろん、葛や寒天など、個性的にエネルギーに満ちた素材の魅了を存分に引き出し、豊かな風味、自然な甘み、深いコクを導きます。
だからこそ、100%植物性でも、満足感のあるおいしさが味わえるのです!


という内容なのです。

市販のキャラメルはどうも苦手なのですが、このヌガーは大好き。

もっと米飴、普及しないかな?
[PR]
by moegi-moyu | 2012-01-12 12:31 | つぶつぶお菓子